少年サッカーに関わる私

少年サッカーに関わる立場での意見などを書いていきます。

家の中でボールを転がしていると自然とボールタッチが良くなる

家の中でもサッカーの練習はできます。

お勧めなのは、家の中を移動するときにボールを転がしながら動くということです。勿論、家の中ですから物にぶつけたり大きな音を立てないようにします。

ポイントは音を立てずにボールを動かすというところです。実際にやってみると物にボールが当たりそうになった時に、とっさにボールを引く動きなども身に付きます。

これを意識することによりボールを細かいタッチで扱うことができるようになり、自然とボールタッチも柔らかくなります。

勿論、外で思い切り蹴るのが大事ですが家にいるときでもトレーニングはできます。

習慣化してくれば、何も考えずに家の中でも常にボールを触るようになります。

そうなれば、子どもはメキメキ上達するようになります。

ゴールを決めても喜ばないチーム

小学生のチームでゴールを決めても喜ばないチームがいます。大体二通りのパターンに分かれます。

そこそそ強くてコーチの方針でそれを良しとしないチームと、Jリーグの下部組織で勝って当たり前のチームです。

後者の方は、その地方で選ばれた一番上手い子どもが集まっていて本気でプロを目指しているチームです。普通に考えれば負ける訳がありません。それはまだ分かります。

個人的に分からないのは、そこそこ強いチームでゴールしたことを喜ばないチームです。それはコーチの自己満足に思えます。自分のチームは強くて、ゴールを決めても喜ばないのが指導者としてのステータスを上げると思っているんだと思います。でも実際にプレーしている子ども達はどうでしょうか?ゴールを決めて嬉しくない子はいないと思います。

プロでもゴールを決めてメチャクチャ喜びます。

小学生のチームでゴールを決めて喜ばないというのは、異常だと思います。

小学生年代で痛みを抱えながらプレーすることは百害あって一利なし

小学生年代でも怪我や痛みを抱えながらプレーしている子どもが少なからずいます。中にはテーピングを巻いて試合に望む子も少なくありません。ただ、これは大きな間違いです。いくら重要な試合であっても、その子の今後のサッカー人生をかけてまで望む試合というのは小学生のうちには無いと思います。

どこかに痛みを抱えながらプレーしていると、無意識にその部分をかばって他の箇所を痛めたりします。成長過程の小学生にとっては、サッカーだけでの問題ではなく健全な成長にも大きな影響が出てきます。

サッカーが大好きな子どもは、痛みがあっても無理してやろうとします。でもそこは親やコーチがしっかりと止めるべきです。

1週間くらい休めば万全の体調に戻るところを無理してやって、結果的に何か月もの怪我に悪化するのは本人にとっても親にとっても最悪なことです。

子どもが痛みや違和感を感じている時には、自分自身で今日は練習を休むという判断ができるように教えるべきだと思います。

小学生年代はまだまだ育成年代です。そこでどれだけ活躍しても、身体に不安を抱えた状態で中学、高校に行っても成長は望めません。

サッカーよりも大事なことがあります。子どもの健全な心身の成長です。

小学生サッカーからセーフティーなプレーをすべきではない

小学生の少年サッカーでも、勝ちに徹するチームは多いです。自陣近くで相手FWにプレッシャーをかけられて苦し紛れにクリアする光景をよく見ます。

前に向かってクリアするのであればまだ良い方ですが、簡単に諦めてピッチの外に蹴りだすシーンを時々みかけます。恐らくそのチームの方針なんだとは思いますが、絶対に間違っていると思います。小学生年代からそんなプレーをしていたら、それ以上伸びしろはありません。ミスをしないプレーを選択している限り成長はありません。

簡単にクリアしたら、逆にコーチがミスしてもいいからきちんと繋げと指示すべきです。

ピッチの外に蹴りだした子どもを、ナイスクリアと褒めている指導者は間違っていると思います。

試合中に自分の子どもに指示を出す残念な父親

試合中に自分の子どもを応援することはとても良いことだと思います。いいプレーに拍手を送ったりするのは大事なことだと思います。

私自身も自分の子どもが試合をしている時は、いいプレーをしたときはナイスプレーと大声を出してしまうこともあります。でも子どもにとってポジティブな声掛けはやってもいいと思っています。

ただ、時々見かけるのがピッチの近くで見てずっと自分の子どもに指示を出しているお父さんです。上がれとか下がれとか走れとか、あれこれ命令しています。

その親子関係を見てサッカーだけでなく、普段の生活がよく分かります。何事でも一方的に親としての意見を押し付けているんだろというのが容易に想像できます。

誰も言いませんが、何より見苦しいです。

中学年になってサッカーのルールを分かっていない子は試合に出さなくてもいいと思う

小学生の低学年の子どもには、オフサイドスローインなど完全に理解できていない子どもがいるのは仕方がないと思います。そこは、コーチとか親が教えてあげればいいと思います。

ところが、小学3年生、4年生になってもサッカーのルールを分かっていない子どもが少なからずいます。はっきりいって、何年もサッカーをしてきてコーチにも指導を受けてきて中学年になってもルールを理解していないという子は、サッカーがそんなに好きではないということです。

普段からテレビとかでサッカーを見ている子は、当然ルールも理解していますしサッカーに情熱を注いでいます。

育成年代だから、できるだけ試合の出場機会を与えようという考えをよく聞きます。私もそれには大賛成です。

ただ、それはサッカーを本当に好きな子どもに与えられるべき権利だと思っています。少なくとも自分のやっているスポーツのルールを理解できていない子どもには当てはまらないと思っています。

もし、ご自分のお子さんがサッカーのルールを理解していないのであれば、そのことをしっかりと教えるべきだと思います。

サッカーが大好きな子どもは最終的に上手くなる

小学生のサッカー選手の中には、モチベーションに結構違いがあると思います。

本当にサッカーが大好きで練習がないときも毎日ボールで遊んでいます。それでも身体能力が他の子どもよりも劣っていて、そんなに練習をしていない子にレギュラーを奪われている子もいます。

それでも、やっぱり中学生、高校生くらいになるとやはり本当にサッカーが好きな子が上手くなります。そこそこ好きで、小学生時代に身体能力が高くて活躍していた子は中学生くらいになって周りに身体能力の部分で追いつかれ、モチベーションがさがってしまうというケースがよくあります。最悪、サッカー自体辞めてしまう子も少なくありません。

サッカーが大好きな子どもは、結果に関わらず頑張り続けます。高いモチベーションをもって毎日練習した子どもは、必ずどこかのタイミングで爆発的に上手くなります。

サッカーを大好きになることが、上達する上で一番重要なことです。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村