少年サッカーに関わる私

少年サッカーに関わる立場での意見などを書いていきます。

日本にストライカーが少ないのには理由がある

日本のサッカーのレベルは間違いなく上がってきていると思います。

小学生年代でも、上手い選手が普通にたくさんいます。一昔前では考えられないようなレベルアップをしていると思います。

ただ、少年サッカーに関わっていて日々思っていることがあります。ボールタッチとかドリブルとかが非常に上手い子は沢山見てきましたが、シュートが抜群に上手い子があまりいない印象を受けます。

凄くうまいけど、強いボールを蹴れない子どもが多いです。それには理由があります。

最近の公園は、サッカー禁止という看板が建っているいるところが殆どです。というかそれがないところを見たことがないです。思い切りボールを蹴ることができる環境が減ってきているんだと思います。

チームの練習ではもちろんキックの練習とかはするけど、自主練となると少しのスペースでできるドリブル練習とかになってしまうんだと思います。

でも、やはりサッカーの基本は蹴ることです。何十本パスを繋いでもゴールできなければ意味がありません。逆に、強烈なシュートを持っていれば一発でゴールを決まることが出来ます。

ただ、思い切りボールを蹴ることができる環境は探せば必ずあるはずです。そこは親が探してあげるのもありだと思います。


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
にほんブログ村